大手キャリアのスマートフォンより利用しやすいと人気の格安SIMですが、最近はその需要も拡大しつつあります。
このように格安SIMの需要が高まる中、仕事や旅行などで海外に良く行く方は、海外で使用できるのか不安になる人もいるはずです。

格安SIMは便利なことから、日本国内での需要が高いのが特徴です。
また、ユーザーの中には、海外でも使用したいという声も良く聞きます。
ここでは、海外でも使用できる格安SIMを紹介します。

楽天モバイル

海外で使用できる格安SIMと言えば、楽天モバイルが有名です。
楽天モバイルの最大受信速度は200kbpsですが、音声通話が付いており、さらに月額1,250円から利用できるのが大きな特徴です。
このように格安な料金で利用できるのが、楽天モバイルの人気の秘密だと言えます。
また、楽天の場合、「楽天でんわ」を契約することで、通話料が半額になるサービスを受けることができます。
その他にも、スマートフォンの端末を一緒に購入すると、楽天スーパーポイントももらえるなどのサービスも魅力です。
この楽天でんわを利用すれば、国際通話料金をお得にできます。
また、楽天でんわは無料アプリですので、誰でも気軽に利用できると好評です。
なお、楽天でんわの利用料金は次のようになっています。
・初期費用・月額基本料は0円
・国内通話は、30秒当たり10円(税別)
・国際通話は、30秒当たり10円(非課税)

楽天でんわの利用登録が終わっていれば、国際電話を利用するための手続きは不要です。
楽天モバイルの場合、すぐに利用できるのが嬉しいところです。

BIGLOBE SIM

国際電話が可能なMVNOと言えば、このBIGLOBE SIMも人気があります。
BIGLOBE SIMは、インターネットでおなじみのBIGLOBEが提供するサービスです。
その広いエリアに加え、ドコモの安定した回線を使用したサービスが特徴です。
ユーザーは、データ通信、または、音声通話機能が付いたプランの選択ができ、スマートフォンやWi-Fiルーターとのセット購入も可能です。
そしてBIGLOBEが提供しているBIGLOBEでんわを利用すれば、お得な料金で通話が可能になります。
気になるBIGLOBEでんわの国際通話ですが、国際通話は、一律 30秒当たり20円(不課税)となっています。
例えば、韓国への携帯通話料金は30秒当たり49円(不課税)ですが、これがBIGLOBEでんわになると、30秒当たり20円(不課税)とかなりお得になります。