格安SIMの節約モード

お得な情報

大手キャリアのスマートフォンと比べ、格安スマートフォンや格安SIMには節約モードがあります。
通信速度切り替えの機能は多くの格安SIMで採用されており、実際に利用している方もいるでしょう。
ここでは、この節約モードについて紹介します。

格安SIMの通信速度切り替え機能

節約モードについてご存知の方も多いと思いますが、もう一度おさらいしておきましょう。
通信速度切り替え機能、いわゆる節約モードというのは、多くの格安SIMに備わっている機能のことです。
この機能を利用すれば、高速通信と低速通信を切り替えることができます。
格安スマートフォンや格安SIMは、それぞれ格安SIMメーカーが規定した最大速度が上限となっており、その範囲内での通信が可能です。それを超えると速度制限がかかります。
例えばLTEの通信速度は150Mbps~255Mbpsが最大速度になっていますが、格安SIMの多くは、10Mbps前後の速度があればインターネット通信が可能になります。
当然のことですが、通信速度の数値が大きれば大きいほど、ネット回線のデータの読み込みが早くなります。
そのため、ウエブサイトがスマートフォン画面に表示されるまでの時間についても、今までより短縮できます。
なお、節約モードにした場合の速度は、120Kbps~250Kbps程度になります。
この速度の範囲内で通信速度が可能です。
格安スマートフォンでYoutubeなどの動画を見る方も多いと思いますが、低速通信で見ると、動画が途中で止まることもあるようです。

通信速度切り替えによるメリットについて

格安スマートフォンや格安SIMに備わっている節約モードを利用することで、様々なメリットを得ることができます。
また、通信速度の切り替えで低速通信にすることで、その月に契約した通信容量に変化はありません。
さらに、余った分を次の月に加算する格安会社もあるようです。
例えば、節約モードで3GBを節約できた場合、その節約した分の3GBが次月に加算されます。
このように通信速度切り替えを上手く活用すれば、通信容量の節約などのメリットを得られます。
なお、スマートフォンによってはモードが備わっていいないものもありますので、利用する前に一度確認しておくといいでしょう。
また、インターネット上でもチェックできますので、気になる方はネット検索してみましょう。

関連記事