格安SIMの契約時には事務手数料などの追加料金を徴収されます。これを減らすためには、パッケージ料金、キャッシュバック、最初の数カ月通話が無料などのキャンペーンを利用しましょう。

家電製品などでも、広告には本体価格しか示されていません。とはいえ実際に買う場合、消費税は仕方ないとしても、事務手数料など追加料金が少なくありません。結果的に本当に安かったのか、後で考えてしまうことも多いでしょう。そもそも事務手数料とは何でしょうか。これを下げることは可能なのでしょうか。

初期費用には何があるか

新しく何かを買う場合、特に持続してサービスを受ける契約に際しては初期費用が必要です。アパートを借りる時にも、敷金や礼金を払います。不動産会社に仲介料を支払います。こうしたことが格安SIMでもあります。

具体的な初期費用とは、まず登録事務手数料です。またMNP(モバイルナンバーポータビリティ)の転出による手数料もあります。もちろん新しくスマホを買うなら端末購入費、さらに他社から契約期間内に乗り換えるなら、違約金が発生します。

なんだかんだと言って契約時に数万円払うことにもなります。結果的に安くなるのか、この分の元は2年間で取り戻せるのでしょうか。

事務手数料とは何か

事務手数料とは、言い換えると、これが通信会社の利益になります。通常は契約1回当たり3000円です。安く済まそうとしたのに、いきなり大きな金額です。月額基本料金より高いですね。しかし格安には、こうした裏があるのです。

またMNPの転出も3000円かかります。併せてもう6000円です。ちなみにSIMロックの解除にも2000円ほどかかります。もちろんこれは自分でやることも可能です。少し物知りな友人がいれば、お願いしてみましょう。

キャンペーンを使えば安くなる

事務手数料を含めた初期費用を安くする方法はあるのでしょうか。例えば各種のキャンペーンを利用してみましょう。どの会社も顧客を集めるために様々なサービスを常時、手を変え品を変え展開しています。

まずはパッケージ料金として安くしているパターンです。何をパッケージにするかはそれぞれですし、何をされているのか、わかりづらい点はありますが、とりあえずトータルで安くなるケースが少なくありません。

またキャッシュバックで相殺する方法もあります。このやり方は今後減ってくるかもしれません。露骨だからです。とはいえ最もわかりやすいし、ユーザーとしては嬉しいでしょう。

一方で最初の数カ月間、通信料金を無料にする会社もあります。事実上数千円安くなる計算です。この形式が一般的かもしれません。しかしゲームの課金と同じやり方です。目先の利益に囚われず、長期的に考えてみましょう。

ちなみに通信会社の公式サイト以外から契約する方法もあります。そもそもネットサイトを利用すれば人件費が安くなるので、事務手数料は軽減できます。中には怪しいサイトもありますが、自分にあったスタイルを探してみましょう。